夏野菜の主役、トマトの栄養、見分け方、保存方法

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

さまざまな栄養成分がたっぷりと入ったトマト、夏野菜の主役です。

野菜の中でも特に人気が高く、生食だけでなく加熱調理にも向いていて、様々な種類のトマトがスーパーに並んでいます。近頃は特に糖度が高いものが人気で、中にはフルーツに負けないほど甘いものもあります。

今回は、そんな 夏野菜の主役、トマトの栄養、見分け方、保存方法 などを紹介します。

トマトには栄養がたくさん詰まってる

夏野菜の主役、トマトの栄養、見分け方、保存方法

トマトは南米が原産、初めて日本に渡来したのが17世紀頃といわれ、当時は主に鑑賞用として栽培されていたようです。明治以降に食用として用いられるようになり、洋食化が浸透しはじめ、トマトケチャップの普及とともに広まり多くの人が好む食材になりました。

わたしもトマトは大好きでスーパーで熟したトマトが手に入ったときは、トマトのパスタをつくります。

トマトを大きめのさいの目に切り、ニンニクと鷹の爪を低温で熱したオリーブオイルに入れ、トマトの水分がある程度なくなるまで煮詰めます。

仕上がりにモッツァレラチーズとフレッシュバジルをトッピングして出来上がり。トマトの鮮やかな赤とバジルの緑、モッツァレラチーズの白が食欲をそそり、トマトの甘さとうま味が一層引き出された一皿です。

そのトマトの鮮やかな赤はリコピンによるものです。

リコピンは、生活習慣病予防や老化抑制にも効果があるとされ、もっともその研究は比較的最近はじめられたばかりで、そのパワーの全容は未だにすべて解明されているわけではありません。しかし、今までの研究からさまざまなリコピンのパワーが解明されています。

私たち人間は生きていくために酸素が無くてはならない存在ですが、外部からの様々な刺激を受け変化する活性化酸素には細胞を酸化させ、老化や動脈硬化、がんなどの生活習慣病を引き起こす悪影響があることがわかってきました。

カロテノイドの仲間であるリコピンやβ-カロテンには、酸化を抑える抗酸化作用の効果があるとされ、その背景から近年特に期待が高まっています。リコピンの抗酸化作用は強力で、