梅雨の時期の体調管理と元気に過ごす食事

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

今週末、6月22日は夏至です。

夏至とは「日長きこと至る(きわまる)」という意味で、ご存じの通り「一年で一番日が長い日」です。
日本では夏至の頃は梅雨の真っ只中なので、日照時間も少なくあまり実感が湧かないかも知れません。

ジメジメと蒸し暑い梅雨の季節は、実は体調不良に陥りやすいといわれています。
そこで今回は、 梅雨の時期の体調管理と元気に過ごす食事 についてお伝えしていきます。

体調を整え毎日の食事でしっかり栄養補給して梅雨を元気に乗り切って楽しく夏を迎えたいですね。

梅雨の時期の体調管理

梅雨の時期の体調管理と元気に過ごす食事

ジメジメと蒸し暑い梅雨の季節、毎年この時期になると、疲れが取れにくくなったり、頭痛や肩こりに悩まされたり、やる気が低下したりなど、体に不調を感じる人が多いようです。

「梅雨だる」とも呼ばれるこの症状、特に女性に多いといわれ、ある調査では女性の62%が不調を感じていると報告されています。

ジメジメとした梅雨の時期に、「身体がだるい」「頭や膝が痛い」「めまいがする」など身体の不調を感じる理由、それは梅雨特有の気候が影響しているようです。

梅雨の時期になると体調がすぐれなくなるのは、「自律神経の乱れ」「体内の余分な水分」が主な原因として考えられます。

  • 自律神経の乱れ
    自律神経とは、自分の意思とは無関係に働く神経のことです。自律神経は、”体が活動しているときに働く交感神経”と、”リラックスしているときや睡眠時に働く副交感神経”の2つがあり、血管や内臓の働き、食べ物の消化・吸収、肺呼吸、体温調整や免疫、ホルモンなど、体のあらゆる働きを調整しています。
    自律神経と天気は密接に関係していて、梅雨の時期のように低気圧が発達し