幻の大豆、津久井在来大豆をもっと知ろう! かながわブランドキッズ特派員

こんにちは、菅千明です。

子供たちと一緒に地産地消の大切さや地元の野菜のおいしさを広める活動、かながわブランドキッズ特派員。

第一弾で取り上げる野菜は、『津久井在来大豆』です。

戦前は神奈川県内の多くの農家が栽培していた『津久井在来大豆』、その後輸入大豆に押され、「幻の大豆」と呼ばれるまでに生産量が落ち込みました。

今では、県内各地で『津久井在来大豆』を守ろうという取組みが行われ、2008年に「かながわブランド」に認定されました。

そこで今回、 幻の大豆、津久井在来大豆をもっと知ろう! かながわブランドキッズ特派員 ということでJAあつぎを訪問、取材に行ってきました。

応対してくれたのは、JAあつぎ指導販売部営農指導課の小林晴樹さん。主に農家さんに農業の指導をされている、現場をよくご存じの方です。

都市部ではお目にかかれない、幻の大豆