秋バテを克服する旬の食べもの

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

ついこないだまでまだまだ暑いな、と言っていたのが涼しいを通り越して、急に寒くなりました。

気温の変化が⼤きいこの時期は体調管理は難しさが増しているかもしれません。実際よく耳にする話しとして「なんだが元気が出ない」「食欲がわかない」「頭痛が解消しない」「眠れない」などがあります。

近年、このような夏バテに似た症状が涼しくなっても回復しなかったり、涼しくなってから症状が出始めたりするなど、夏バテの長期化、時期のズレが見られるようになっています。

この”長い夏バテ”、”遅い夏バテ”こそが、最近話題の秋バテ。今回はそんなを 秋バテを克服する旬の食べもの について話題にしたいと思います。

秋バテを引き起こしてしまう原因

秋バテを克服する旬の食べもの

秋バテは基本的には夏バテと同じ季節の変わり⽬に表れる症状で、冷えによる⾃律神経の乱れや夏の間の生活習慣が原因といわれています。

  • 外気温と室内気温の差で生じる「冷房冷え」
    真夏の厳しさを乗り切るにはクーラーは今や欠かせない欠かせない存在。私の家でも真夏は一日中クーラーをつけていないと過ごすことができません。クーラーの効いた室内と真夏の室外では温度差が大きくなり、出入りを繰り返すことで自律神経が徐々に乱れていきます。
    こうした温度差による体の負担は、単純な夏バテと異なり暑さが和らいでも改善されにくいため、秋になっても不調に感じる方が増えているのです。
  • 冷たい食べ物や飲み物による「内臓冷え」
    冷たい物をたくさん摂りすぎる事で胃腸が冷え、機能が低下、それによって全身の血の巡りが悪化し、疲れやだるさ、胃腸の不調につながります。「内臓の冷えは万病の元」ともいわれている通り、この冷えが原因で体が不調気味になります。
    夏の長期化が続く近年、それに合わせて冷たいモノを欲しくなりがちです。それにより内臓冷えの症状が夏のうちに収まらないなど、夏バテを深刻化させることになり、秋バテへとつながっていきます。

日中と朝夕で寒暖の差が激しかったり、台風や長雨など秋の気候は安定しません。昔は夏から秋へと気候も徐々に変化していたので、それに合わせて体調も調整しやすかったかもしれませんが、夏の疲れが残っている状態でここ最近の急な温度変化ではとそれもかなわないかもしれません。

自ら季節の境目を調整することで、体調を整えていくことがよいのかもしれませんね。そこで次に秋バテの対策をお伝えしたいと思います。

秋バテの対策には旬の食べものを