日本の伝統食材お麩、万能食材として世界が注目

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

アメリカのフード情報サイト Eaterで「今年流行るかもしれない食品」の一つに『Seitan(セイタン)』がリストアップされていました。

セイタンは日本発祥の食材で、グルテンを原料とした加工食品のことであり、グルテンミートとも呼ばれています。肉の代用品にもなることから、ベジタリアンの間でダイエット食品としても、海外を中心に愛用されているミールリプレイスメント(代替品)です。

さらに グルテンミートとして活用できる 日本の伝統食材お麩、万能食材として世界が注目 しています。グルテンを使ったお麩は、お肉のような食べ応えながら低カロリーで、とてもヘルシーな食材。今回はそんなお麩にまつわる話しをご紹介したいと思います。

世界的食糧事情により見直されるグルテンミート

日本の伝統食材お麩、万能食材として世界が注目

アメリカにおいて、セイタンを代表とするミールリプレイスメントが注目されている理由の一つとして、消費者のヘルシー指向があります。

一般的に、たんぱく質は肉や魚などの動物性たんぱく質で摂ることが多いですよね。しかし野菜や豆類などのベジタリアンフードでも、素材を選ぶことで植物性たんぱく質でしっかり摂ることが出来ます。

植物性たんぱく質を多く摂取している人は、お肉をたくさん食べる人よりも、体重が増えにくく、心血管疾患や糖尿病のリスクが低い、と言われています。

いくつかの研究では、肉を食べない食事によって、死亡リスクも減るという結果が出ています。まったくお肉を食べないのは難しい、という方も、動物性たんぱく質を減らすだけでも身体にいい変化をもたらしてくれるとされます。

そして、注目される二つめの理由として、食糧問題

2018年には74億人だった世界人口が、2050年には97億人に上ると国連が予測しており、すべての人が安全かつ栄養価に富む食料を十分に得られるようにする必要があります。

また、世界的な経済の発展により中間所得層が増加することで、動物性食品の肉、牛乳・乳製品のほか、食用油や野菜、果物などの消費量が増大することは必然になります。

そのような中、動物性たんぱく質の代替として植物