七夕の行事では「そうめん」を食べる

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

来週日曜日、7月7日は七夕です。

別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つに定められ、今でも広く家庭で親しまれている行事の一つです。

七夕といえば、笹の木の葉に願い事を書いた短冊を吊るすのが恒例となっていますよね。では七夕に食べる行事食は何でしょう?・・・それは「そうめん」。その歴史は古く、平安時代から 七夕の行事では「そうめん」を食べる ことが欠かせないものでした。

行事食とは、季節折々の伝統的な行事やお祝いの日に家族の幸せや健康を願い、食べる特別な料理のことを言います。 それぞれの旬の食材を取り入れたものが多く、季節の風物詩の一つにもなります。

蒸し暑さで食欲が減退する梅雨のこの季節にぴったりの「そうめん」、今回はそんな7月の行事食である「そうめん」の話しを色々まとめてみました。

そうめんのルーツ

七夕の行事では「そうめん」を食べる

そうめんのルーツは、中国伝来の「索餅」(さくべい)という小麦粉料理だといわれています。索には縄をなうという意味があり、縄のように編んだ小麦粉のお菓子のようなものだと考えられています。

「古代中国の帝の子が7月7日に死に、霊鬼神となって熱病を流行らせた。それを鎮めるために、その子の好物だった索餅を供えて祀るようになったことから、7月7日に索餅を食べると一年間無病息災で過ごせる」という伝説があります。

正倉院文書(750年ごろ)には、小麦粉をこねた「索餅」の記載があり、中国渡来の珍重な食べ物として、儀式などに供されました。これが、そうめんの始まりとも考えられています。</