身の丈にあったおもてなしで端午の節句を楽しく

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

ゴールデンウィーク、いよいよ始まりましたね。GWの後半にある5月5日のこどもの日は、端午の節句でもあります。

実はこの行事、そつなくこなそうとすると意外に大変だったりします。

身の丈にあったおもてなしで端午の節句を楽しく 過ごすために謂われや習わし、お飾り、食べ物のこと、そのほかお祝いのマナーなど、おおよそことを知って、しつらえば、きっと家族みんなの心に残る思い出になりますよ。

端午の節句の謂われ

身の丈にあったおもてなしで端午の節句を楽しく

節句の「節」とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。

季節の節目に、無病息災、豊作、子孫繁栄などを願い、お供え物をしたり、旬の植物などで邪気をはらう行事で「節供(せっく)」ともいいます。節供とは、稲作を中心とした日本の農耕儀礼において、その節目の日の神前に供えられる供物のことを意味します。

五節句と呼ばれる、人日(じんじつ:1月7日)、上巳(じょうし:3月3日)、端午(たんご:5月5日)、七夕(たなばた:7月7日)、重陽(ちょうよう:9月9日)の五