オリニギリ・フードアート ワークショップ レポート

9月13日、東京神谷町にてインバウンド向け オリニギリ・フードアート ワークショップ が開催されました。

オリニギリのワークショップは国内外で既に数多く開催されてきましたが、フードアートとのコラボレーションは今回が初めて。

今までにないオリニギリの魅力を伝えることができました。

海外のひとでも簡単、おにぎり体験

オリニギリ・フードアート ワークショップ

ワークショップの参加者は、中国、上海、台湾から来日された若手クリエーター。

YouTubeやInstagramなどさまざまなSNSでコンテンツを発信しているひとたちが集まりました。

参加者ほとんどの人がおにぎりを作ることが初めて、みなさん始まる前から興味津々です。

そして、ワークショップのテーマは、オリニギリを使って皿の中に景色(ランドスケープ)を描く、フードアートに挑戦しました。

今回フードアートをプロデュースしていただいたのは、ジュリーク代表の田中淳子さん。

フードデザイナーとして大手企業や大使館など、イベント、レセプションなどたくさんの人が集まる場所で食に関するプロデュースを手掛けています。

オリニギリでつくったおにぎりを山や島などに見立て、海や川をモチーフにしたベース素材にカレーや出汁、ポタージュ、さらに砂や土、苔や葉などをモチーフにした肉や魚、野菜などの素材を使い飾り付けることで、皿の中で一枚の絵に仕上げていきます。

はじめておにぎりをつくる人でも2~3分のレクチャーを受ければ、折り紙をつくる要領で簡単にできてしまうのがオリニギリの最大の魅力。ということで、いざ創作へ!

オリニギリ・フードアート ワークショップ