コミュニケーションを育む、オリニギリ

折り紙の要領で「おにぎり」をつくり出す、ペーパークラフト、オリニギリ。

何気なく紙を折っていたときのアイデアから、新田さんご夫婦で制作されたプロダクトです。東北復興支援から始まったオリニギリ ワークショップでは多くの人との出会いが生まれました。

そんな、 コミュニケーションを育む、オリニギリ の魅力を探ります。

おりがみ ✕ おにぎり = オリニギリ

コミュニケーションを育む、オリニギリ

オリニギリの名前の由来は、一枚の紙からつくる日本の伝統の遊び「おりがみ」と、同じく日本の伝統的な食「おにぎり」との偶然の出会いによるものです。

オリニギリ公式サイト ”おりがみ ✕ おにぎり = オリニギリ”

そのオリニギリが世に出るきっかけとなったのは、東日本大震後のボランティア活動から。
復興イベント「東北風土マラソン」を中心に、2015年からのべ10,000枚以上が贈呈され、設備が伴わないイベント会場や避難所での衛生的な食事のアイテムとしてとても重宝しました。
ただ配るだけでなく、参加した地元のみなさんと一緒にオリニギリでおにぎりをつくったり、子どもたちとのオリニギリ ワークショップを開催するなどの活動を重ねてきたそうです。

そこから新田さんご夫婦の活動の輪はさらに拡がり、アメリカ、中国、インド、台湾、ベトナムなど多くの国でオリニギリ ワークショップを開催するようになりました。
ニューヨークでのワークショップでは、折ったシートの中のご飯をリズムに合わせて、「シェイク、シェイク」みんなで輪になって楽しくおにぎりづくり。
また、台湾・中国では、まるで伝統芸能の切り紙アーティストのように器用に海苔を「ちょきちょき」独創的なデザインの海苔が巻かれたおにぎりはまさにオリニギリのクリエイティブな創作の醍醐味でした。
これらの活動を重ねるたびに、新田さんご夫婦自身オリニギリとの関わり方に変化を感じるようになったそうです。

「はじめは単なるおにぎりをつくる道具でしたが、色々な場所でたくさんの人が集まり、一緒に楽しんでいる様子を見て、人をつなぐ、場をつくることができる道具なんじゃないか、と感じるようになりました」

実際、オリニギリが結んだ縁は、数え切れません。ワークショップで参加した一般の人はもちろん、農家と消費者、異文化の交流など様々です。