からだとこころに良い「食の色」

もてなすひと:OMOTEWASHI.jp 編集部

日常生活に溢れる色。普段あまり意識しないことが多いかもしれませんが、色にはからだやこころに影響を与える見えない力があります。

例えば服装などは、元気を出したいときは明るい色、落ち着きたいときはモノトーン、気分やシーンに合わせて、着るものの色を替えている方は多いでしょう。

そんな力が、実は食べものや食卓の色にもあるといいます。 からだとこころに良い「食の色」 を知って、あなたらしいライフスタイルをデザインしてみてはいかがでしょう。

食べものの色とからだの関係

からだとこころに良い「食の色」

食べものにおける「食の色」を知る上で、まず「五味・五色・五法」と呼ばれる大切な考え方を知っておきましょう。

古代中国に始まった「五行思想」に基づく「五味・五色・五法」は、五つの色(五色=青・黄・赤・白・黒)の食べものを、五つの味(五味=甘味・塩味・酸味・辛味・苦味)で、五つの調理法(五法=生・煮る・焼く・揚げる・蒸す)によって、彩りよく美味しくなるよう上手に組み合わせて作り、それを食べることで「自然に健康が保てる」「元気になれる」というものです。

この考え方は和食にも通じています。和食の場合そこから更に食べものの色や味だけでなく、お膳や器などの取り合わせまで含めて「目でも味わう」ことのできる美しい料理にまでなりました。

中国から伝わった「五行思想」が日本の風土と相まって独自に進化し、こうして日本の食文化が形成されてきたのです。日頃から「五目ごはん」「五目すし」「五目そば」と「五目」と名の付く料理を家庭で作り食べていることから分かるとおり、「五行思想」が日本人の私たちの食生活に浸透し根付いていることの表れと言えます。

では、「五味・五色・五法」のうち、五色の「青黄赤白黒(しょうおうしゃくびゃっこく)」について、もう少し触れたいと思います。

中国の伝統医学では、内臓を心(しん)・肝・脾・肺・腎という五つのグループに分け、五臓と呼ばれています。現代医学の内臓と同じ名前ですが、解剖的な意味合いだけでなく、人体の働きや機能を五つに分類したものです。

五臓も五行思想に当てはめて考えられており、一つ一つのグループがお互いに助けたり、抑えたりしながらバランスを保ち、食べものの色が五臓に対して滋養強壮の効果をもたらすとされてきました。

  • 青色:肝臓の血液循環を促進し、代謝作用を助けます。疲労回復、免疫力強化の作用もあります。
    ほうれんそう、ブロッコリー、枝豆、きゅうり、春菊、ほうれん草、ねぎ、ピーマンなど
  • 黄色:脾臓の機能を高めて新陳代謝を活発にします。
    大豆、かぼちゃ、とうもろこし、ぎんなん、ゆず、豆製品の味噌、がんもどき、油揚げなど
  • 赤色:血を補い、心臓の機能を高めて動悸を予防します。虚弱体質や手足の冷えにも効果があります。
    にんじん、トマト、クコの実、肉類、鮭、味噌、たこなど。
  • 白色:肺機能の強化のほか、胃腸機能の改善に効果があります。
    カリフラワー、きゃべつ、白菜、だいこん、白身、はんぺん、豆腐、ご飯、うどん等の穀類など
  • 黒色:腎機能を高め、排泄作用を強化します。
    しいたけ、ごぼう、海藻、黒米、黒豆・昆布、わかめ、こんにゃく、きくらげ、キノコ類など

また最近は、昔ながらのこの五色の知恵を科学的にも証明した、ファイトケミカルが注目されています。
ファイトケミカルとは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。免疫力向上、老化抑制、肥満予防といった、健康に生きる手助けをしてくれます。フィトケミカルには特に色素が多く含まれるため、同じように五色で捉えると分かりやすいです。

  • 青色:クロロフィル=抗酸化作用、コレステロール値上昇抑制、抗がん作用
  • 黄色:β-カロテン=抗酸化作用、抗がん作用、皮膚や粘膜の保護/ゼアキサンチン=視力低下予防、眼病予防
  • 赤色:リコピン=抗酸化作用、血流改善/カプサイシン=風邪予防、殺菌作用
  • 白色:イソフラボン=乳がん予防、更年期障害の緩和、骨粗鬆症予防/硫化アリル=抗がん作用、免疫力向上、殺菌作用
  • 黒色:クロロゲン酸=抗酸化作用、糖尿病予防、コレステロール値上昇抑制/β-グルカン=抗がん作用、コレステロール値上昇抑制、免疫力向上

「五色を毎日の食事で」といわれるとハードルが高そう気もしますが、気がつかないうちに意外とできていたりします。

例えばおなじみの朝食メニューで街のお店の朝定食にもある、白いご飯と大根おろし、黒いひじき、緑のほうれん草、黄色い卵と納豆、赤い鮭、しっかり五色の入った栄養のバランスがとれた食事です。

そう、実は暮らしのなかで、しっかり根づいている五色の食べもの、ちょっとだけ意識すればわりとできてしまう習慣だったりします。

料理を引き立てる色づかい

からだとこころに良い「食の色」

食べものをおいしく見せるには、色で料理を引き立たたせることが大切です。

それぞれの色の特徴を理解して、「料理を引き立たたせおいしそうに見える色づかい」をマスターして、こころに効く日々の食事をされてはいかがでしょう。

自然からの恵みの食べものは「赤、黄、緑」の暖色系が多いです。赤と緑は反対色の関係であり、お互いの色を目立たせる効果があります。

例えば、お寿司のネタは、マグロ、いくら、海老など、暖色系が多く、反対色の緑色のバレンを使って赤みを引き立たせています。他にはグリーンサラダとミニトマトなども同じで効果的な使い方です。

では、料理の素材で反対色を加えられない場合、どうしたらよいでしょう。

例えば卵焼きは、大根おろしを添える以外引き立たせる色味を加えるのは難しいです。こんなときは器やつけ合わせでを引き立てると良いです。ポイントはメインの料理や素材だけで色づかいを決めなくて良いということです。

  • メイン料理の反対色の「食べもの」を加える。(例:グリーンサラダ+ミニトマト)
  • メイン料理の反対色の「食器」を使う。(例:だし巻き卵+青緑の器 or 三つ葉)
  • メイン料理の「付けあわせ」の色を加える。(例:うな丼+緑の漬物)

また、色の使い方によっては、食器は反対色のアイテムとして使う以外にもいろいろな効果があります。

  • 料理と同じ色で濃淡で使う
    同じ色みで濃淡をうまく使うと上品でしっとりしたイメージになります。例えば肉じゃがを食べるとき、こげ茶や薄い茶色、ベージュなどの食器に盛ると効果的です。
  • 料理の中から一つの色を取り出して使う
    彩り豊かなの料理を出す場合、その中のポイントとなる色を食器に使う方法があります。たとえばレタス+トマト+きゅうりのサラダなら、グリーンが入っている食器がいいです。
  • 柄のない単色の食器を使う
    柄がない食器は、食材のひきたてるのに適しています。
    テーブルコーディネートのとき、シックですっきりしたイメージを出したいとき、柄のない食器やテーブルクロスを使うと良いかもしれません。

    • 青の食器=食材を浮き立たせる
      コントラストによって、淡い色の料理が主役の一皿に仕上がります。また、コーンスープやパンプキンスープなどもきれいに見えます。
    • 緑の食器=背景の様に馴染みやすい
      お刺身との相性が抜群なのも緑。日本食の盛り付けで使われる笹の葉などのバランと同じ効果が期待出来ます。
    • 黄の食器=ワンプレートとして
      鮮やかな黄色の食器はワンプレートとして楽しみたい一枚。使うだけで元気が出そうでたくさん料理を乗せてたくさん食べたくなってしまう器です。
    • 赤の食器=アクセントカラーに
      赤の食器で代表的な漆器、豪華な雰囲気仕上げる他にテーブルコーディネートのアクセントカラーとして使えます。
    • 白の食器=色あざやかな料理に
      白さが軽やかな印象を与え、あえて余白を楽しむことで料理がちゃんと主役になり、沢山の料理を盛り付けなくても楽しむことができます。
    • 黒の食器=食材の色を引き立てる
      料理を高級に見せたいときにはオススメです。例えばお寿司の種は、黒の器に盛ると色みが増し、鮮度が良いように見えます。

捨て色を上手に使うテーブルコーディネイト

色をテーマにしたテーブルコーディネートでは、最初にベースとなるテーブルを広い面積で覆うテーブルクロスの色を決めるとスムーズです。

さらに季節感を演出するのか、イベントに合ったカラーにするのか、いろいろイメージを膨らませながらテーマのカラーを選んでください。

どんなに高級な食器やカトラリーを使っても、テーブル全体で統一がとれていないと残念な印象になってしまいます。テーブルは限られた空間なので、ベースカラー、テーマカラー、アクセントカラーの「三色以内」にするとまとまりやすくなります。

  • ベースカラー
    テーブルの色やクロスの色など、いちばん広い面積を占める基調となる色。クロスは必ずしも必要ではありませんが、イメージに合わせて取り入れると◎。朝食やランチなら明るめの色、ディナーなら落ち着いた色を選ぶと雰囲気が出やすいです。
  • テーマカラー
    メインとなる食器で使用する色。出される料理に合わせるのがベスト。テーブルに飾る花の色はお皿のカラーに合わせるとコーディネートのイメージを壊さず仕上げられます。
  • アクセントカラー
    ポイントとして使う色。赤や黄などのビビットカラーや、ベースカラーの反対色など、コーディネートのアクセントになる色。落ち着いたコーディネートしたい場合は使わなくても構いません。

一般的なカラーリングの割合は「ベースカラー:テーマカラー:アクセントカラー=70:25:5」にすると良いとされています。

「色を見るための色を使う」、つまり「捨て色」を使うことによって見るものを美しく引き立たせることを覚えておくととても役に立ちます。

親しい友人たちとのカジュアルな持ち寄りパーティー、夫婦で過ごすちょっと特別な記念日など、「食卓に座る家族やお客様のことを考えて、その空間を演出する」という気持ちを大切すれば、最高のおもてなしができますよ。

あなたのおもてなしを
届けてみませんか

OMOTEWASHI.jp では
それぞれの人が考えるおもてなしを発信しています。
誰かの役に立ちますようにと、
心を尽くしてさしだす「もてなしの心」。
そんなあなたのおもてなし(=提案)を
OMOTEWASHI.jp で届けてみませんか。

興味のある方は、お問い合わせフォームから
どなたでもお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちらから

運営:株式会社コム・システム
☏ 045-786-5601 受付時間 9:00~17:00