折り紙の要領で「おにぎり」をつくり出す、ペーパークラフト、オリニギリ。

世代を超えて受け継がれる「おりがみ」という遊び。 にぎる人の温かみが伝わる「おにぎり」という日本のソウルフード。その二つが出会って「オリニギリ」は生まれました。
「おりがみ」という概念が「おにぎり」を握る「オリニギリ」は、人びとの遊び心や温かみを新しい食のスタイルとして未来に伝えます。
作る遊びを通して日本文化の起源、歴史を知り、興味、関心を深めてもらいたい。それが「オリニギリ」の願いです。